一般社団法人日本セーフコミュニティ推進機構(JISC)
セーフコミュニティサポーター
これまで自治体等でSCご担当としてその推進にご尽力されてきた方に、サポーターとして、引き続きその実績と経験をもって日本のSC推進にご支援いただきま す。

個人サポーター

氏 名 シニア(上席)サポーター 山内 勇さん
所属団体 日本セーフティプロモーション学会理事
日本市民安全学会特別顧問
経 歴 1972年に京都府亀岡市役所に入庁し、税務・財政・人事担当、秘書・商工・企画の主幹、課長を経て、2014年に政策推進室長を最後に退職。
2006年 企画課長在籍時にセーフコミュニティの概念に出会い、セーフコミュニティの理念を種々の行政施策に付加して、市民協働で安心して暮らせるまちづくりを進めるなど、日本で初めてセーフコミュニティの導入と推進、そして2008年3月の認証取得において大きな役割を担われました。また、2013年の再認証においても、政策室室長としてセーフコミュニティの推進に携わられました。
現在は、半農半Xの生活の傍ら、亀岡市でのセーフコミュニティの取組み経過と住民意識、行動の変化等の紹介を通して国内自治体への普及拡大、安全安心な社会づくりに向けてご活躍されています。
氏 名 シニア(上席)サポーター 倉持 隆雄 さん
所属団体 厚木市セーフコミュニティ総合指導員
日本市民安全学会副会長
日本セーフティプロモーション学会理事
警察政策学会会員 など
経 歴 1979年に神奈川県厚木市役所に入庁、生活安全課長、地域力創造担当部長、危機管理部長等を歴任し、2014年3月に退職。
1995年に発生した阪神淡路大震災直後、総務部防災対策室へ配属となり、「厚木市地域防災計画」の見直しを担当して以来、防犯、地域コミュニティ、交通安全、消費生活、防災などの分野を歴任し、安心安全向上及び危機管理にご尽力されるなか、安心安全の大きな柱の施策として「セーフコミュニティ」に着目して厚木市のSC導入からと推進、2010年11月の認証まで大きな役割を担われました。
現在は、厚木市セーフコミュニティ総合指導員、日本市民安全学会副会長をはじめ様々なお立場で、以前にもまして安全安心なまちづくりに活躍されています。
氏 名 シニア(上席)サポーター 向山 静雄(むかいやま しずお) さん
所属団体 箕輪町セーフコミュニティ推進協議会アドバイザー
長野県警察・心の伝承官
日本市民安全学会会員
日本防災士機構・防災士
経 歴 1969年長野県警察官拝命、警察庁警備局出向、駒ヶ根警察署長、飯田市危機管理部長、警備第二課長、警備部長を歴任し、2011年に退職。        
2011年4月から箕輪町役場にてセーフコミュニティ推進室長、危機管理セーフコミュニティ推進課長を経て2016年に退職。        
2016年4月から2017年5月まで箕輪町セーフコミュニティ推進協議会事務局長。  
セーフコミュニティに出会ったのは、警備部長当時、県警察が安全安心な地域づくりとして県下自治体に導入を働きかけた時で、以後、箕輪町にて地域との協働を重視したセーフコミュニティ活動を推進し、2012年の初認証と2017年の再認証を担当。
現在は、住民サイドからのセーフコミュニティ支援活動を行っている。
活動状況 【2017年】
 ・活動1
 ・活動2
 ・活動3 防災士箕輪町連絡会にて
 ・活動4 防災・減災対策
 ・活動5 生活支援活動推進セミナーにて
 ・活動6 福与区セーフコミュニティ推進協議会の防災・減災対策
 ・活動7 寄稿文(信濃警友)
 ・活動8-1 第15回日本市民安全学会秩父大会
 ・活動8-2 SCの安全安心を地域と次世代に届ける(再認証を顧みて)
 ・活動8-2 SC活動推進補助金制度(要綱)
 ・活動9 第3回箕輪町地区セーフコミュニティ推進協議会連絡会にて
 ・活動10 箕輪町災害ボランティアセンターの開設・運営訓練を行う
 ・活動11 箕輪町セーフコミュニティにおける防災・減災対策
 ・活動12 長岡区交通安全 MAP について
 ・活動13 長野県青少年インターネット適正利用推進フォーラム
 ・活動14 高齢者の運転と公共交通を考えるフォーラム
 ・活動15 長岡区SC推進協議会全体会議の開催結果について
 ・活動16 ふるさと農道の交通規制状況
 ・活動17 福与区SC推進協議会年度末総会を開催
 ・活動18 大出区におけるセーフコミュニティ組織設置について
 ・活動19 第4回箕輪町地区セーフコミュニティ推進協議会連絡会

企業サポーター

株式会社 富士通総研
   経済研究所 実践知研究センター
アメリカのSC支援センター発行の
ニュースレター(2014年3月号)
JISCが紹介されました
支援センターとして認証された署名の様子