一般社団法人日本セーフコミュニティ推進機構(JISC)
セーフスクール関連機関

セーフスクールの位置づけ



セーフスクール関連機関



各組織の説明

 上記の図①~④は、下記の説明の①~④と対応しています
センター名 役割
①WHO協働センター WHOが特定の課題に対して、既存の研究所等の組織と協働して対策を追及する組織を設置する。健康課題に応じて30数センターが世界で設置されている。 セーフコミュニティ(SC)については、安全課題について、地域レベルで包括的な安全対策を講じるために、スウェーデンのカロリンスカ大学内に「地域安全推進協働センター(通称;SC協働センター)」が設置されている。
②SC支援センター SC活動を推進するコミュニティを支援するために認証された「支援センター(A)」と、SC活動の特定の分野等について支援するために認証された「支援センター(B)」がある。 セーフスクール(SS)活動については、アメリカのピースフィロソフィーセンターがSS支援専門の支援センターとして認証されており、SS認証センターを認証している。(協働センターが認証しているのではない)
※日本SC推進機構は、(A)の機能を有するセンターとして認証されています。
ISS認証センター ③SC支援センターであり、ISS活動専門のSC支援センター(B)からSS認証センターとして認証されたセンター。
※日本SC推進機構は、SC支援センターとSS認証センターの役割を担う
④SC支援センターではないが、SS活動専門のSC支援センター(B)からISS認証センターとして認証されたセンター。
2014年3月30日現在